5000万円-1億円未満資産運用

資産規模別、利回り別でおすすめの資産運用方法

資産規模別の運用先まとめです。

資産運用は、保有する資産規模ごとに運用先の対象が変わってきます。

 

例えば、資産の増加を早期に狙いたい人は、まだ資産が1000万円ほどの場合、相当なリターンを取る必要があります。

例えば、1年で何倍にもなる可能性のある株にフルベットしたりといった感じです。

しかし、1年で何倍にもなる株といえば小型株になりますのでそのぶん、全てを失うリスクもあります。

 

10年で倍にしたい人、20年で倍にしたい人。

すでに保有資産が大きいので、そこまでリスクを取らなくても一般的には相当なリターンを獲得できる人。

 

保有資産額、人生プランによって投資先は大きく変わるのです。

今回は、保有資産規模別に、リスクも考慮した上で、どのような投資先がおすすめできるものなのかをまとめていますので参考にしてみてください。

 

{1000万円}利回り別でおすすめの資産運用方法

 

資産が1000万円貯まったら、一般的に次に考えるのは本格的な資産運用ですよね。

1000万円という金額は、高校生、大学生の時には筆者自身、途方もない金額に感じました。1000万円という資産があったら何ができるのか?

 

色々と想像していましたが、実際に1000万円を貯めて調査してみると、できることはそこまでなく、資産運用の道に進むしかないのだと、寧ろ、さらに資産を増やせるチャンスにもなるということを知りました。

寧ろ、ここで浪費をするのではなく、資産を増やすステップとして1000万円は活用すべきです。

 

以下の記事では、1000万円の次は2000万円、と段階的に資産を増やす効率的な方法を記載しています。

 

{1000万円}利回り別でおすすめの資産運用方法

 

{2000-4000万円}

2000万円という数字は2019年に老後2000万円問題が財務省から発表されて注目を浴びました。

 

2000万円という貯蓄を持っている世帯は以下の総務省統計から上位28.2%となっています。

 

日本の世帯毎の貯蓄額の分布

参照:総務省

統計を見てみると意外に多いなと感じますが、殆どは退職金を受けとった後の高齢世帯に偏っています。2000万円を保有している多くの方が考えていることは以下のことではないでしょうか?

  • 老後の資金として足りるのか?
  • もっと増やしておきたい
  • けど大切な資産を投資で減らしたくない

そのような方に向けて本日は安全し資産を増やしていくために必要な考え方と、おすすめの投資先についてお伝えしています。

 

{5000-1億円}

5000万円以上の人は、準富裕層に当たります。

富裕層階層

5402万世帯の内、5000万円以上の世帯は474万世帯です。8%ほどです。

果たして資産5000万円あればアーリーリタイアすることは可能なのでしょうか?

 

{5000-1億円}利回り別でおすすめの資産運用方法

1億円以上資産運用